現在、胃潰瘍を患っています。
揚げ物などこってりしている食べ物も香辛料、消化の悪いもの、コーヒーなどカフェインの入っている飲み物などすべてだめです。
なので食べても大丈夫そうな豆腐ばかりを食べているのです。
豆腐だけを食べていると飽きてくるので胃潰瘍の人向けのいいレシピがないかと探しました。
そしたらレシピはいっぱいあったのですが、特に大根やカブなどを使ったレシピが多かったです。

乳製品も体にいいということです。
大根やカブなどは消化がいいので胃潰瘍の人にはおすすめの食材でした。
大根は大根おろしや大根の味噌汁などがありますし、カブはカブのスープや雑炊などがありました。

あとはバナナヨーグルトがいいということでバナナをプレーンヨーグルトに入れるだけだったのですが、バナナもいいのですが、ヨーグルトもいいのでどちらも食べたほうがいいです。
バナナは朝食べると体の調子をよくしてくれるのでその日から食べるようになりました。

しかし毎朝バナナヨーグルトを食べていると飽きてしまいます。
そんな時はヨーグルトに美禅食を混ぜて飲んでいます。
美禅食はダイエット食品ですがいろいろな野菜成分を含んでいますので身体によいです。

調べてみるといろいろな飲み方がありますが美禅食の効果的な飲み方は、牛乳、トマトジュースに混ぜて飲んでも美味しいようです。
栄養が豊富な美禅食はいまの私には手放せません。

栄養豊富といえば乾物です。
乾物は栄養が豊富で低カロリーです。
さらには保存性がよく軽くてコンパクトなので、買い置きしておくと非常食にもなります。
手間なく美味しい乾物のレシピを作り始めて5年になりますが、数あるレシピの中でもお気に入りです。

切り干し大根は煮物が定番ですが、和え物にしたり、チヂミにしても美味しくいただけます。
切り干し大根と胡瓜の中華風和え物は、暑い夏にでも、さっぱりとしているので食欲不振のときでもお箸が進むレシピです。

作り方は、とても簡単で切り干し大根は水気を絞って、適当な長さに切ります。
胡瓜は千切りにして軽く塩を振り、少しおいておきます。
水気が出たらきつく絞ります。
ボールに切り干し大根と胡瓜を入れて、お酢と醤油を大さじ1、ごま油を小さじ1、炒り白胡麻を少々加えて和えて出来上がりです。
切り干し大根には鉄やカルシウム、カリウムも豊富です。
乾物の中でも戻し時間が短くてすみ、戻し汁には糖が溶け出ているので、だしにも向きます。